プロフィール
vol.06東海地域在住 (40代 男性)

・平成2年卒
・社会医学系教員

研修医時代の思い出・医学生へメッセージ

 学生時代は特によく勉強したほうではなく、どちらかというとできない方のグループでした。しかし、入学して間もない頃に知り合った先輩に連れられ、全国の医療系学生が集まる手作りの勉強会に参加していました。そこでは、今ではあたり前のように取り入れられているロールプレイングによる学習や心身医学、統合医療、医療倫理など刺激的な体験学習があふれていました。また、著名な先生方が学生のためにということで、手弁当で参加していただいた上、一緒に夜遅くまで飲み、語りあったのが強く印象に残っています。
 卒後は母校の内科に入局し研修を行いました。教授をはじめ医局の先生方は非常に個性的であり、厳しい方々が多く、年中休みなく早朝から深夜まで働き続けたのを覚えています。
 良い思い出、そうでないものと色々とありましたが、これらを通じて、その時々に出会った先生方、先輩方、患者さん、接した新しい事柄などによって今の自分が形作られているのを折に触れ強く感じます。現在、研究、学生教育やそれ以外で行っている医療活動の場において、当時学内外で勉強したことはもちろんのこと、出会った方々からいただいた言葉が非常に役に立ち、助けられている場面が多く見られます。つくづく、出会いに恵まれていたのかもしれません。
 自分の足跡と最近強く感じることを簡単に書きました。展開は人それぞれでしょうが、その時々に出会う人、ものなどを大事にしてください

このページのトップへ

医学部を卒業された先輩医師の皆様、現役医学生へ向けてメッセージを発信しませんか? 原稿を随時募集しています。どうぞお気軽にお問い合せください。

メッセージの原稿はinfo@igakusei.jp へメールにてお送りくださるか、お問い合せより ご連絡ください。